ヒプノセラピー鹿児島「ヒーリングハウス北緯31度」橋てつと

☆ある日・・・断片的日常

☆セラピスト紹介

セラピスト役を努めさせてもらうのは 橋てつと(作家名)です。

自己紹介は、セラピーに重要なラポール(御信頼を戴くため)とご理

解下さい。顔の見えるセラピーをして、

そして、責任をいつも引き受ける覚悟だからです。

●元高校社会科教師

倫理政経/現代社会/心理/歴史(日本史、世界史)など専門。民俗学(旧い歴史)

も研鑽し、特に日本の過去世には深い対応ができます。

 

●プロフィール

土橋雄幸(本名)鹿児島大学教育学部卒。元県立高校教師。教え子に歌手長渕剛や、麗人別府みよ子、他に大学心理学教授、臨床心理学士、有名アニメーターなど個性的な人々が。

〜旅/取材〜

コンサートだぁい

講演

  〜今まで学んできた歩み〜  

 ☆大学時代から―サルトル(人はどうして自分になるのか)、キルケゴール・ニーチェなど実存主義哲学。   

   フッサール(現象の本質にあるものーー卒業論文テーマでした)

  他に、ゲシュタルト心理学。フロイト(夢分析)、ユング(集合意識)、アドラー。メルロポンテイ、マルクスなど。

 ☆蔵書―自分が解って貰えると思いますのでご紹介      

  サルトル全集(完読しました)、ハイデガー選集、フッサールドイツ語原著12巻程。 人と思想全巻 。日本文学全集  

  資本論、山頭火全集、月刊現代思想、季刊教育法。 民俗学、法律学、心理学関係など。 

   コミックは、おいしんぼ、ごくせん、ろくでなしブルース 土佐の一本釣り カムイ伝 マンガ心療内科ほか300巻ほど。

 ☆資格ー心理検査士、二級小型船舶免許、食品衛生管理責任者ほか。

 ☆趣味ー登山、釣り、旅(キャンピングカーで)、楽器(ギター、蛇味線、フルート、トランペットほか)カラオケ、マジック

    料理(ローカルTVで出演歴あります)、有機農業、小説創作、名画DVD鑑賞、夜光貝、七宝焼ほかにも多くの趣味があります。

 ☆好きな作家-- 井上ひさし、目取真 俊、眉村 卓、陽羅義光、重松 清、豊田一郎、松本清張ほか  

   ☆好きな音楽-- ジャズ、タンゴ、フォーク、スクリーンミュージック、オールディズ、フォルクローレ、リズムアンドブルース、懐メ

    ロに島唄。奄美新民謡ならカラオケで20曲近くは歌えるかも(上手下手は別として、フフン)

 ☆好きなシンガーーー長渕剛(なんてったって教え子だから)、佐渡山豊、小室等、高田渡、忌野清志郎

 ☆よく訪ねるHP、ブログーー全作家、目取真俊、横尾和博、尾木ママ、ハンターニュース、南大隅町日記

 

著書紹介

著者:橋てつと --  日本ペンクラブ会員。全作家協会理事。

前世カウンセリング

定価:1500円

出版社:東京図書出版会

発売日:1999/12

- - 前世はひとりの人物に対しひとつではない。人間とは限らない。やってみなけりゃ何がでてくるかわからない。53の前世霊魂との対話を一挙紹介!--

- 1999年に、本邦初のタイトルで過去世(前世)催眠療法を出版。

 

単独行

定価:1500円

出版社:のべる出版企画

発売日:2003/11

- 小説集。

文芸評論家横尾和博氏推薦。

白幻記

定価:1429円

出版社:あさんてーな

発売日:2010/03

- - 南海日日新聞連載小説

(2009年9月より半年連載)

芥川賞作家大城立裕氏「沖縄タイムス紙」で推薦。

 

                                                                

  橋 てつと 筆歴ーー延々と上げましたが、長いこと駄作を書いてまして

          ビッグタイトルにはハシにも棒にもかかっていません( ´艸`)

        現在「南九州新聞(日刊)」に週一回、コラム連載中

昭和61年 短編「鼻つままれし者」

        島尾敏雄選 南日本新春文芸佳作

昭和62年 シナリオ「銀河鉄道南へ行く」

        NHKラジオ九州劇場放送

平成2年  シナリオ「私の仮面」

        如月小春選日教組文学賞佳作

平成5年  中編「鼻摘ままれし 者」

        八木義徳 大河内昭爾選 全作家文学賞佳作

平成8年  児童小説「さよならピーターパン」

        公募文芸誌コスモス文学 奨励賞

平成8年  ノンフィクション「九十日の哲学者」

        公募文芸誌コスモス文学 奨励賞

平成9年  短編「エンゼルシャワー」

        海老沢泰久選 長塚節賞最終選考

平成9年  短編「神の住む島」

        大城立裕選 南の島のファンタジー最終選考

平成10年 ノンフィクション「前世催眠」

        たま出版ノンフィクション最終選考

平成12年 ノンフィクション「職員会議」

        久保田正文選 労働者文学賞最終選考

平成13年 ノンフィクション「ある墓守の死」

        宮沢清一選 全労連文学賞佳作

平成16年 中編「タカタロー」

        五代夏雄選「文芸かごしま」33号掲載 

        「文学界」2004年度下半期同人雑誌奨励作

平成17年 右同「タカタロー」

        陽羅義光選 第2回森田雄蔵賞

平成19年 ノンフィクション「小さな平和運動家」

        神田貞三選 労働者文学賞

平成19年 ノンフィクション「逃走記」

        佐高信選 「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」佳作

平成20年 短編「頑是ない約束(仮題)」

        相星雅子選 南日本新春文芸佳作

      中編「犬よ 笑うな そんなものを」

       横尾和博選 新第三回全作家文学賞佳作

      中編「海人(ウミンチュ)」

        大城立裕・宮内勝典選 南日本文学賞最終選考

平成21年 長編「白幻記」南海日日新聞紙に一五三回連載

        大城氏が翌年の同単行本を沖縄タイムス紙に紙上推薦

平成26年  短編「愛しのジュリエットに」 第16巻全作家短編小説賞優秀作三位

平成27年 掌編「カムイ伝・赤影青影」  「全作家」推奨作

      短編「願兼於業」 「文学街」読者賞

平成29年  掌編「西郷どんと遇ってきた少年」​  「全作家」推奨作